自己肯定感を高めれば人生すべてがうまくいく!

 ~シャンパンタワーのような人生を~

Top Page › Category - 第4章 「自己肯定感」の高め方
2021-03-26 (Fri)

無碍の一道

日本の三大古文といわれる歎異抄。その第七章に「無碍(むげ)の一道(いちどう)」という境地が書かれています。 無碍の一道とは、一切が障りとならぬ、絶対の幸福者。       『歎異抄をひらく』高森顕徹著どんなものも碍(さわり)とならない絶対の幸福者。欲や怒り、ねたみそねみの煩悩がいくらあっても、それらが障りとならない幸せ。最悪の死をも障りとはならない心の安心満足で、人間に生まれてよかった! と心から...

… 続きを読む

2021-03-05 (Fri)

因果の道理

「今日の私があるのは、過去の選択の結果だ」         『7つの習慣』(P83)これは古来、因果律、因果応報、因果の道理と言われるものです。 自分の今の環境、境遇、持っているもの全ては、 それまでの過去に自分がやってきた 選択・行いの結果である。 善い行いからは、幸せという結果が起こる。 悪い行いからは、不孝という結果が起こる。 自分の運命は、自分自身の行いで決まるのであり、 決して他人のせいではな...

… 続きを読む

2020-12-17 (Thu)

自分を大切に

----------------------------------------------------------------------自己肯定感が低いと、自分は大切な存在と思えませんので、自分の扱いも適当になりがちです。    『自己肯定感を育てるレッスン』高木のぞみ著----------------------------------------------------------------------自分を大切な存在と思えないので、大切でない自分の健康についてもいい加減になり、大切でない自分の時間や金銭の使い方もルーズにな...

… 続きを読む

2020-12-14 (Mon)

ありのままに

2014年の大ヒット映画「アナと雪の女王」。エルサは雪や氷を操れる不思議な力を持っていますが、うまくコントロールできず、アナに傷を負わせてしまうなどして、エルサは自己肯定感を失います。アナにも会わなくなり、自分から壁を作ってしまい、戴冠式でもその力を制御できず、王国から逃げ出し、あてもなく北の山へ。その後いろいろあり、最終的には自己肯定感が高まり、「ありのまま」の自分でいられるようになり、氷の能力もス...

… 続きを読む

2020-12-13 (Sun)

これでいいのだ

=========================================『ブータン、これでいいのだ』  御手洗瑞子著ブータンでは、一人ひとりの「幸せ力」が高いです。「幸せな国」と言われているブータンでも、人間であればうれしいこともいやなこともある。しかし、ブータンの人たちは負の感情を扱うのがうまく、また「なんだかんだ言っても幸せだよね」と思うことができる。それは、すごい力であり、ブータンの「幸せ」を根底から支えているものである...

… 続きを読む